■更新履歴

   始めてのホームページから
           更新過程まで

 

   第3期「じんぺいドットコム」
          更新履歴

 

   第5期「じんぺいドットコム」
          更新履歴

       プロパイダ移転

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   Top▲Baku

     1999年4月「じんぺいドットコム」をアップ。
 月刊「小説すばる」(1997年4月号集英社刊)でスタートした、パソコン習熟レポート『森とパソコン』は、二年間二五回の連載になった。五二歳にして始めたパソコンだったが、二五回の連載の中で、ディスクトップパソコンの自作機と自前のホームページ製作は、スタート時に掲げた目標だったのである。
 その連載は、二年後
の2001年2月に、単行本『パソコンが僕の生き方を変えた―52歳からの挑戦』(岩波書店刊)になった。ホームページ製作の過程は、くわしく加筆した。
  CONTENTSは、●森のエッセイ ●旬の山の幸 ●装幀ギャラリー●流木造形ギャラリー●低山巡り●じんぺいの本●今どきの山野草●啄木鳥工房ショップ●森の伝言板●編集後記●リンク、と欲張った。
 だが、アップはしたものの、読者からの「重たい。全部開くまで時間がかかります……」という声とともに、
気になる箇所ばかりが目立ち不満だらけになってしまった。

2001年9月05日「じんぺいドットコム」新装一新。
 読者からの感想や不満の声の高まりに、一部の更新だけでは気が引けてしまった。また、読者からのホームページ作成の解説本を出してほしいという声もあった。反省を込め、基本設計から作り直した。その過程は、『荒川じんぺいのパソコン「生きがい」塾B「生きがいをつくる・ホームページを始める』(岩波書店刊)にくわしく書いた。カラー写真が豊富で参考になる。
 その頃、『荒川じんぺいのパソコン「生きがい」塾』シリーズを刊行していて、僕の知識も広く深まっていた。構成もフレームとテーブルに振り分け、GIFアニメや音楽なども取り入れたのである。容量的には変わらないが、インターネットの環境がよくなった分、重いと言う声はなくなった。毎月更新をし、時にはトップページも大幅に改装した。そして、またもやページ構成に反省するようになってしまった。
2006年、内容の更新を考えたのである。

2009年1月を以って、プロバイダを変更した。これまでの、プロバイダに不満はなかったが、辺鄙な地域に住む私には、余計なプロパイダを経由しなければならなかった。また、アドレスの管理も原因である。これまで管理と委託をあわせると3ケ所だったが、2ケ所になった。そして、容量がふえて、経費も半額になった。


2006年 8月10日 「じんぺいドットコム」第3期新装公開
2006年10月09日 深夜、発作的にプログを開設。昼撮影した窓からの富士で「窓々日記」と命名。01:33 アップ。
2006年10月25日 「テレビ&ラジオ」10月の出演番組を加筆。「NEWSな近況」に出演番組を加筆。
2006年11月19日 「テレビ&ラジオ」11月の出演番組を加筆。「NEWSな近況」に出演番組を加筆。
2007年 5月 3日 「講演講座」に砂浜美術館の審査員活動を加筆。「NEWSな近況」も加筆。

2007年 8月26

プログ「窓々日記」を[ARAJIN + HOSPITAL]に変更。『一日一写句』心の森療。として、毎日写真と俳句を掲載することにした。駄作ばかりになるが、お許しを請う。
2007年 8月26 「NEWSな近況」のページを削除。
2007年11月 1日 トップページ・インデックスにGoogie検索を追加。
2007年11月 1日

「講演講座」を修正。

2007年11月8日 森の住人・昆虫デジカメ採集を追加。今年の夏の収穫をコレクションした。
2007年11月12日 「読者の森」に、「ネットリンク・じんぺい読者批評集」を新設。
おおくの方がネット上に書いた場合、下記のアドレスへサイト名のご案内を待つ。
arakawa◎jinpei.com   ◎をアットに置き換えてください。
2007年9月より 毎日、ブログを更新。
2008年2月23日 「ネットリンク・じんぺい読者批評集」を更新。
2009年1月11日 プロパイダの変更と「トップページ写真変更」にかかわる更新。

2010年9月19日

ブログ『一日一写句』に「ブログランキング」に参加。一週間のうちに5位にランキング。ほぼ、順位をキープし続ける。
2010年11月14日

森の住人「昆虫デジカメ採集」を編集更新。
『一日一写句』  「ブログランキング」は、4位。ご支持に感謝。