■創作の森

      パソコンお絵描き塾
          「ペイント」で描く

       ▲Baku

 

 

 


 ペイントで描いた作品

    





応用例

「ペイント」のお絵描き機能は、奥が深い !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   Top▲Baku

パソコンで絵を描くには、「お絵描きソフト」が必要ですが、そうした「お絵描きソフト」は、
「高価」で「操作が難しい」という印象があります。
Windowsを使っているパソコン・ユーザーにとっては、そうしたことがまったく気にならない方法があります。
もともとWindowsファミリー(95、98、2000、Me、XP)に標準インストールされている「ペイント」があるからです。
この講座では、「ペイント」を使って自在に絵が描ける、ヒントをお伝えします。

■お絵描きソフト「ペイント」の基本を理解しよう■

絵画の基本は、
太さや調子の違った数種類の線と、
面を彩る色が使えれば描けます。
何種類かの線を自在に引き、
色彩を淡く、ときには濃く彩色できれば絵画になります。
「ペイント」は、高価なソフトと比べると、機能が少ない。
しかし、使う側は、少ない機能ゆえに、記憶して覚える操作法も少なくてすむわけです。
パソコンなら、いつでもお絵描きモードに入れます。
パソコンの「起動」で描き、終わればフォルダに「保存」し、パソコンを終了させれば済んでしまう。
 水や、筆、キャンバスなど、後片付けをしなくて済み、
場所もとらずに汚れない。


ペイントを開いてみよう
少ない機能は、お絵描きソフトとして「ペイント」の持ち味です。絵を描くという作業に限ると、画像処理のような複雑なことをしてくれなくていいのです。お絵描きに絞って考えると、シンプルで魅力的なソフトなのです。
「スタート」から @「すべてのプログラム」クリック
A 「アクセサリー」クリック。右側にB「ペイント」が表示されます。
「ペイント」のダブルクリックで、キャンバス画面が表示されます。

      
   
●マウスポインタを指先にする
「ペイント」でのお絵描きには、マウスを動かし、画面の中の矢印(マウスポインタ)ツールを動かして線を引き、色を塗ります。マウスポインタが勝手に動いてしまったり、思ったところへ線が引けないことになり、なんども描き直すことになります。
マウスポインタのコントロールの難しさを感じ、遠隔操作しているもどかしさばかりを感じてしまいますが、とにかく慣れることです。

画面のキャンバスに絵を描くのは、マウス操作とそれに伝導するディスプレイ上のマウスポインタです。
「左クリック」「右クリック」「ダブルクリック」「ドラック」と、マウスの基本操作さえ理解していれば、自在に動いてくれます。
マウスの操作は、素早く動かす必要はない。
「ゆっくり」「確実に」「軽く」操作すると、マウスポインタが自分の指先になってくれるのです。
●メニューバー
上辺のバーに表示された用語をクリックすると、それぞれの目的のメニューが開き、作業の指示ができます。これは内容が違っても、ウインドゥズ全般に共通する機能です。

●ツールボックス
画面の右端、縦に並ぶアイコンが、お絵描きでの筆や消しゴムなどの道具箱である「ツールボックス」です。
ブラシの形をした絵をクリックすると、ツールボックスの下に、線の太さと形が表示されます。
イラスト(上の図)のキャンバス内の赤い線は、マウスでゆっくりドラックして描いた状態です。

●キャンバスのサイズを決定
ツールバーの、[変形]をクリックし、[キャンバスの色とサイズ]を選択するとサイズを選ぶことができます。
続いて表示された[キャンバスの色とサイズ]の表(ダイアログボックス)に、描きたい画面の幅と高さの数値を打ち込み[OK]をクリックするとキャンバスの画面が表示されます。

 
●ツールの特性を知る
上から、鉛筆。鉛筆を選択した場合は、一種類の細い線しか選択できません。
【学習ポイント】
ブラシ。と、ブラシの線の太さと斜線の違い。
エァーブラシ。と、エァーブラシの大きさの違い。
これらのツールを使い分けることで、表現に変化をつけられます。横線、縦線、丸と、万年筆を買うときに試し書きするように、何度も動かして慣れることです。

●直線を描く

 ペイントで直線を描く場合、三種類のツールがあり、それぞれ線の太さと操作に違いがあります。「ツールボックス」にある鉛筆やブラシや斜線のマークがそれにあたります。それぞれのマークをクリックすると、鉛筆ツール以外は、下に線の太さの一覧が表示されます。任意の線の太さを選び、キャンバスの上でマウスポインタをドラックすると、線が描けます。

【裏技】
色の編集のパレットは、
描画画面、キャンバスの下の枠に通常表示されているパレットの、どの色をダブルクリックしても表示される。
●パレット知る。ない色を作る
メニューバーの[色]をクリックし、[色の編集]を選択すると、48色の基本色表が表示されます。
さらに、パレットの中段にある[色の作成]をクリックすると、三原色のグラデイションで表現された右の画面になります。現れた「色相表」の中の、ポインタ(+マーク)を任意の場所に動かすと、好みの色が右側に三〇階調のグラデイションになって表示されます。

三〇段階の階調に分けられた階調色に、▼マークのポイントを任意の場所に指定すると好みの色を選ぶことができます。そして[色の追加]をクリックして[OK]で、キャンバス上のパレットに表示されます。これだけの色を選択できれば、色彩は無限とおもっていいでしょう。
【学習ポイント】グラデイションで指定した色は、
[OK]で確定をしないと、決定にならない。
●形を立体的に描きましょう


@ブラシツールと線の太さの種類
フリーハンドの線の描写。 線が自在に描けたら、パレットから赤色を選択し、ブラシの中線を選び、フリーハンドで自分の好きな丸を描いてください。

【学習のポイント】このとき、線の始めと終わりを必ずつなげることがポイントになります。描いた線が切れていると、塗りつぶすとき周囲に色がはみ出し、描いた形以外のところまで塗られてしまいます。

A塗りつぶしツール
色のベタの彩色。塗りつぶしツールをクリックし、描いた丸の線の内側に移動し、左クリックする。描いた線と同じ色で丸の中がすべて塗りつぶされます。

Bない色をつくりましょう
平面の丸い形に、明るい色で光を描き加える。形は、影と光を加えると立体感をともなって見えてきます。では、続いて丸い平面に塗られている赤色より、影を感じさせる暗い赤を選択してみましょう。しかし、下のパレットには、そんな暗い赤色がない。そうした場合は、使いたい色を作らなくてはなりません。
パレットにない「色を作る」場合は、「パレットを知る、ない色を作る」の学習を実行してください。

Cブラシツール
ツールボックスのエアーブラシを選択します。下のボックスに、霧吹きの吹き付けられる面のサイズが違う三種類が表示されます。任意のサイズを選択し、平面の丸の右下にマウスポイントを移動してクリックすると、描画色に表示されている色が噴霧され、平面の色に影になる色が重ねられます。このクリックを何回か繰り返すと、立体感を付けることができます。

【学習のポイント】光を感じさせるには、影の色を作ったように、平面の色より明るい色を[色の編集]からつくり、左上の中ほどに[エアーブラシ]ツールで、重ねていけば光を感じさせることができます。
ブラシツールでの立体感の表現法。
このとき、マウスをクリックする指先の力加減で、エアーブラシの噴霧が若干調節できます。

D消しゴムツール
ブラシではみ出した色は、最後に[消しゴム]ツールで消します。
【学習ポイント】ブラシがはみ出しても気にしないで、はみ出すことより、なめらかな均等なグラデイションの表現の方が大切です。
平面だった丸はこれだけの作業で、トマトかリンゴのような立体感のある形になります。

Eブラシツールで描画
斜めの線で、トマトのヘタを描き加えました。このような、ほとんど線画のような部分の光と陰は、線の色を変えるだけで立体に見えるでしょう。


トマトの完成

「ペイント」を理解していただくために、二冊の書籍と、 一枚のCD(PDF形式)を用意しました。
「パソコン絵画とは」から「操作と技法」と「自作絵画の利用」まで、
初心者にわかりやすくナビゲートする、絵画入門解説書です。
「2005年 愛・地球博/市民プロジェクト主催」の公開講座で、好評でした。

★新発売★ Windows標準搭載[ペイント]解説ソフト「 荒川じんぺい流パソコンお絵描き塾」
  ★CD-R版で、新登場 ! PDFファイルだから、軽快で見やすい。
これまで書籍で紹介してきた技法が、オールカラーで自分のディスプレイで見られます。
[ヘルプ]では教えてくれない「裏技」が紹介された、待望の解説書です。
 定価2.100円(税+送料含む)
  Eメールで、直接「荒川じんぺい」までお申し込みください。arakawa@jinpei.com

●学習のポイント
モノには、さまざまな角度から光があたり、影が生まれて立体感が出ています。絵画に描く場合は、描く対象にあたる光の方向を一定にして描くと、立体感を表現できます。光を意識すると、形と色彩が浮かびあがってきます。
     【 「荒川じんぺい流パソコンお絵描き指南」31ページ「第2章 絵画を形づくるもの」を参考に】

●ふだん見慣れた形ほど、その人だけの形が表現されます。描かれたトマトは、あなたのオリジナルな絵画になります。身の回りにある、野菜や小物をスケッチしてみましょう。
     【 「荒川じんぺいのパソコン生きがい塾・1:趣味を広げる」14ページ「身近なモノを描く」を参考に】

●「ペイント」には、これまで紹介したほかに「拡大」「縮小」「コピー」「貼り付け」「左右反転」など、多くの機能があります。お絵描きするグラフィックソフトとしては、満足するでしょう。
解説本 「荒川じんぺい流パソコンお絵描き指南」(清流出版)では、このような機能のほか、さまざまな「裏技」のテクニックも詳しく解説しています。お絵描きテクニックの習得は、間違いありません。

●さらに、解説図版をカラーで見たいという読者に、CD版(FTP形式)をご用意しました。

「荒川じんぺい流パソコンお絵描き指南」
   (清流出版刊)定価本体1300円+税
   http://www.seiryupub.co.jp/
絵画の基本から、ペイントの操作と、仕上げた作品の利用法まで、すべてを解説しています。



「荒川じんぺいのパソコン生きがい塾・[1]趣味を広げる」

   (岩波書店刊)定価本体1500円+税
   http://www.iwanami.co.jp/order/index.html
お絵描きだけでなく、デジタルカメラから、パソコンでのさまざまな楽しみ方まで、趣味の数々をを紹介しています。

Windows標準搭載[ペイント]解説ソフト
荒川じんぺい流パソコンお絵描き塾
     ★新発売★CD-R版が、登場 !

 PDFファイルだから、軽快で見やすい。

発売中の「荒川じんぺい流パソコンお絵描き指南」では、色がわからないと、多くの方よりお叱りのメールをいただきました。 そんな要望に応え、私家版を製作しました。
書籍の内容を簡素化してありますが、本とあわせて使うと理解が深まるところです。
ディスプレイで「ペイント」画面と一緒に開いて、学習できるのが長所です。
     ●定価2.100円(税+送料含む)
     Eメールで、でお申し込みください。
     arakawa@jinpei.com
書籍と一緒にあわせて参考にしていただければ、理解と上達は間違いありません。(著者)