荒川じんぺいの
     森の自遊人

 毎週、八ケ岳の山と森を紹介しました。 

 2002年4月放送(毎週26回)
 CS衛星放送・
日本BS放送ch999

 製作/株式会社スカラベ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          ▲Baku

 

         Top▲Baku



第1回 じんぺいさんの森

まだ雪深い山道を分け入り、番組の舞台となる「僕の森」全体を 八ケ岳・三つ頭の中腹から案内します。南アルプスのパノラマは絶景です。
第2回 冬枯れの森の中で
冬枯れの森の中には、楽しい痕跡が一杯。木々の芽吹きや葉痕と遊び逍遥した一日であったのです。
第3回 里山の春を探しに
八ケ岳南麓の田園風景の中で、早い春を探した。のんびりとした一日でした。
第4回 デジタルカメラで春を撮る
春の森には、思わずシュッターを押したくなる被写体が一杯です。 デジタルカメラで、美しい写真を撮る技法を紹介します。
第5回 森遊びの装い
飯盛山を登りながら、じんぺい流の四季を通して、森歩き山歩きの装いとザックの中身を紹介します。

第6回 森の恵みを探し

八ケ岳は、春爛漫。東京からの友人と森の恵みを採取しながら森の中を逍遥。弁当を広げ、採集した恵みを簡単料理で愉しみます。
第7回 春の森の雨の中で…
生憎の雨、しかし森の中は雨ならではの光景があります。 スケッチによる微細な観察を愉しみ、帰宅後はパソコンに取り込み絵葉書をつくりました。
第8回 新緑の渓谷を楽しむ
川俣川渓谷を歩きながら、花々と巨岩と水の織り成す渓谷美を訪ねます。  
第9回 樹木を読む
森を楽しむには、森を構成する樹木の種類を知らなくてはならない。
広葉樹と針葉樹の違いを知ると、それぞれの森の恵みも見えてくるのです。
第10回 森の中で知る大自然の営み
森に降る雨は、小さな小川となって滝を作り淵になり瀬となって大きな流れとなります。麓の山村の田園を潤し、流れはやがて大河となり海へと注ぐぎます。蒸発した海水は、やがて雲となって山に雨をもたらす。森は、そうした循環のひとつの装置として、人々に豊かな暮らしを恵むのです。そんな循環を訪ねて歩きます。  

第11回 陽だまりを探して

僕の森の過ごし方のひとつに、森の中にハンモックを吊るしての読書や転寝があります。いつものフィールドで、そんな揺らぎの中の楽しみを紹介します。  
第12回 森林限界をめざして
観音平から編笠山への登山は、広葉樹の森から針葉樹の原生林と変化し、ハイマツの群生で植物限界になり頂上に至ります。山歩きの中で、樹木の生育する環境を知ると標高の目安にもなります。  
第13回 権現岳からの大パノラマを楽しむ
編笠山の青年小屋に一泊し、360度の大パノラマを紹介します。途中のギボシの鎖場は、スリル一杯だが頂きの展望はさすがでした。僕にとっての権現岳は、山小屋建設を見守ってくれた山でもあったのです。  
第14回 八ケ岳・四季の風景 二十四節気―春の章―
八ケ岳南麓の四季のうつろいを映像でたっぷりとご覧いただきます。
春遅い山村は、春が一気にやってきます。森の芽吹きの美しさは、花よりもまして艶やかです。
第15回 入笠山 花めぐり
スズランが原生する湿原の斜面には、さまざまな花々が咲き乱れます。手入れされた森には、突然お花畑が出現し、湿原と原生林が隣接する森は静かなひと時を与えてくれました。  

第16回 里山の雑木林の中へ

国蝶オオムラサキが羽化する姿の感動をあじわいました。森の中には、さまざまな虫たちの厳しい生存もありました。里山には、豊かな命の営みがあったのです。
第17回 信玄棒道の観音様と里山の森
八ケ岳南麓を撒くように信州へ向う戦国時代の古道は、真っ直ぐに信濃へ伸びていることから、棒道と呼ばれています。いつしか村落の人々によって観音像が設置され、西国三十三所と坂東三十三所めぐりの信仰の道でもあったのです。  
第18回 八ケ岳高原花図鑑
八ケ岳南麓の高原は、山野草の種類の豊富さでも知られています。
スキー場のゲレンデを散策し、花々を紹介します。
第19回 八ケ岳南麓の初夏
里山の森の中で木々の葉が濃さを増すたびに、その葉先を撫でるように緑色の風を運ぶ感触が肌と嗅覚で感じ取れます。光を伴った風は、爽やかに木々の間を抜け、さまざまな生き物たちに旺盛な活動を促していました。
第20回 八ケ岳・四季の風景 二十四節気―夏の章―
二十四節気は、自然の微かな変化と小さな兆しを肌で感じさせてくれます。暮らしに節目を付け、緑と水の大地を豊かに潤し、人間の感性を磨く暦なのです。  

第21回 北八ヶ岳・山上湖めぐり ―Part T―

大河原峠から高原の爽やかな風に包まれながら、亀甲池を経由して横岳の山小屋を目指します。  
第22回 北八ヶ岳・山上湖めぐり ―Part U―
北八つには、大小さまざまな湖が点在し、澄み切った鏡のような湖面に美しい森と山の姿を映しています。  
第23回 森の恵みを探しに ―夏のキノコを味わう―
豊かな森には、森の恵みが一杯です。キノコ採りは秋だけの風物ではありません。夏早々に愉しめるタマゴタケとチチタケを存分に収穫し、その料理法を紹介します。  
第24回 森の木を感じる
森と親しくなるには、木の名前を知らなくてはならない。森の姿を通して、木の種類と名前を知る方法を紹介します。  
第25回 ぐるっと一周八ケ岳
横に長い八ケ岳連山は、見る地域によって山の主役が入れ替わり随分と印象が変わります。それぞれの地域から、それぞれのビューポイントを紹介します。熱気球での空からの眺めもあります。  
第26回 自分の森をつくる
気に入ったひとつの森に通い、その森の植物や生き物を観察し、白地図に記録し、地形までも把握して熟知すれば、その森は「自分の森」と行ってもいいのではないでしょうか。そんな森との四季折々の付き合い方を紹介します。

番組制作記録資料:株式会社スカラベ・提供